スポンサードリンク

医療レーザー脱毛の口コミ情報

医療レーザー脱毛の口コミ情報についてご説明いたします。医療レーザー脱毛って安全?普通のレーザー脱毛と医療レーザー脱毛の違いって?口コミは?


医療レーザー脱毛は、医療機関での専門の医師や看護師による、医療用レーザーでの脱毛治療。
医療脱毛レーザー機の特徴は、何と言ってもその効果。
アメリカではもちろん日本国内でも、医師の管理下でのみ使用が許可される医療機器です。

表皮に対するダメージが極めて少なく、安心・安全に脱毛することができます。

かなり強力な脱毛治療ですので、剛毛からうぶ毛まで、効果的な脱毛治療を行うことが出来ます。
ですからワキ・ビキニラインの太い毛からお顔のうぶ毛にいたるまで、どの部位の脱毛も可能です。


医療レーザー脱毛は、レーザーによる毛包部分の組織破壊により、発毛が起こらないようにする治療である 。



特徴は
・皮膚表面を冷却しながら脱毛できるため痛みも少なく、安心。
・とてもスピーディー
・医療機関だから安心



注意
日本でも盛んにレーザー脱毛が行われているが、特にエステサロンなどでの不適切な使用によるトラブルも多発している。口コミも。
レーザー脱毛に詳しい皮膚科医のいるクリニックでの治療が望まれる。

レーザー脱毛をしても、十分な脱毛効果が得られないこともあるが、これは照射出力が弱すぎたり、毛包にメラニンが少なかったりすることが考えられる。
基本的に毛というものは再生力が強い組織なので、十分に破壊できなければ再生してしまうのである。といっても、出力が高過ぎると熱傷のような副作用が出てしまう。




脱毛のさまざまな方法

脱毛は女性にとって身だしなみの一つとして多くの関心が持たれています。
脱毛には、いろいろな方法がありますが、それぞれに利点と欠点があります。
カミソリや電気シェーバーを使った後の皮膚は炎症を起こしやすく、毛抜きを使ったあとには毛穴が目立ち、化膿しやすいという欠点があります。
脱毛クリームは皮膚の保護膜までも溶かしてかぶれる原因になりますし、テープやワックスを使用すると皮膚へのダメージが大きく、炎症を起こしやすくなります。
これらの脱毛は一時脱毛と呼ばれ、脱毛の度に皮膚のトラブルの原因を作っていると言えます。
これに対して、電気針脱毛やレーザー脱毛は永久脱毛とよばれる脱毛です。
電気針脱毛は、痛みを伴い、脱毛が完了するまでに長い時間を要するので患者さんにとっては辛い選択でした。そこで、登場してきたのが医療レーザーによる永久脱毛です。
医療レーザーを正しく用いると、痛みが少なく短期間で治療が可能になります。




脱毛は医療機関で

最近までは、エステティックサロンでの電気針を使用する脱毛を「永久脱毛」として社会的に認知されてきていますが、厚生労働省の見地から見ても脱毛は医療行為であり、本来は医療機関にのみ許されるべき行為です。
医療機関以外で電気針脱毛やレーザー脱毛が行われていますが、色素沈着や皮膚の炎症、軽度の火傷などトラブルが多発しています。
また、レーザーもどきといえる装置を使用しているエステティックサロンなど、医学的に見て「永久」脱毛には程遠い脱毛も多く見受けられます。
脱毛は医療行為であることを認識し、医者が責任を持って治療を行う病院を選択するようにしましょう。



正しい治療を行うのであれば、医療レーザー脱毛はとても安全です

感じる痛みは輪ゴムではじかれた程度です。
正しい施術をおこなうのであれば、無理な力を加えないため、肌に優しく、副作用もない、安全な治療であるといえます。
どんな治療にも言えますが、医療である以上、危険は全くないとはいえません。レーザーでの永久脱毛に関しても、火傷や皮膚の炎症などの報告もなされていますが、皮膚や体毛に対する知識とレーザー治療の技術が確立していない病院で行うことは間違いなく危険です。



レーザー治療の効果やリスクを理解し、環境の行き届いた病院を選択しましょう

レーザー治療を選択する上で一番重要なことは、安心して治療を受けられる病院を選択することだといっても過言ではありません。
レーザー治療は安全であることが特徴であるはずなのですが、十分な知識や技術、治療環境が整っていない施設では、十分な効果と安全性を得られるはずがないからです。
患者さんとの話し合いを持ち、レーザー治療の特徴や考えられるリスク等を説明し、十分な理解を得られた上で治療を行わなくてはなりません。また、治療前の検査や治療後のアフターケアが行き届いていることも病院にとって必要な条件です。
病院を選び最終的にレーザー治療を受けるかどうかを判断するのは、患者さん自身です。
十分に病院側の説明を聞き、レーザー治療を受けるかどうかの判断を行ってください。

医療レーザー脱毛は、病院選びも重要です。
そこに口コミも重要なポイントです。


NPO法人日本臨床医療レーザー協会 より引用
スポンサードリンク